中古住宅購入時の住宅ローンとリフォームローンの申込方法について

金融関連業務に従事しています。しばしば業者との会話でよく話題になりますのでこのタイトルにしました。中古住宅の購入には物件の状況如何でリフォームが発生することが多々あります。購入者は中古住宅購入時に住宅ローンを借入し、大掛かりなリフォーム工事で工事額が大きいと改めてリフォームローンを借りることになります。ここで注意しなくてはならないことがあります。住宅ローンを借入したあとで、リフォームローンが借入できないこともあるのです。これは審査基準によるもので、借入人の年収・勤続年数・信用状況・返済比率(年収に対する毎年返済額)が住宅ローン基準ギリギリで通過したような場合、リフォームローン審査において余力なしとなってしまうものです。更に注意すべきことは、費用面でも住宅ローン契約時に支払った借入にかかる担保設定費用・手数料等がリフォームローン借入時に二重にかかって来ます。気の利いた不動産業者はこの辺を考慮して何かと考えて提案や対応をしますが、中にはリフォームは自社には関係ないと考える業者もいます。そこで中古住宅を購入しリフォームも考えられている方への留意事項として、①予めどの程度のリフォームが必要か、物件購入前に工事業者から見積をとっておくこと、次に②中古住宅購入資金とリフォーム資金を一本の住宅ローンで借入できる銀行を選ぶことをお勧めします。すべての銀行ではありませんが購入とリフォーム資金を一本の住宅ローンで取り扱う銀行もありますので、仲介業者とよく相談して借入する銀行を選んでください。最初から中古住宅購入資金とリフォーム資金を申込みしておくと、銀行では審査時点で考慮して期間や返済比率・自己資金など前向きに検討(借入は増えるが物件の担保価値はリフォームで上がる等判断する)できます。また、抵当権設定費用や印紙代等諸経費も節約できます。ただ、デメリットとしては、中古住宅購入時にリフォーム代金が工事業者に振り込まれ前払いした形になりますので完成後支払いたいということはできません。よって工事業者は数社から相見積もりを取り十分に納得した信用のおける会社を選ぶ必要があります。

<広告>
心の童話Tie-up相互リンク募集中英語上達の秘訣ショッピングカート設置PVランキング 内職 アルバイト相互リンクダイレクトサイドビジネスseoリンク家計見直しクラブじゃんけん必勝法電子マネーページランク別相互リンク集JALカード